3Rが何なのか勉強しよう

企業に3Rを導入するときのアドバイス

企業でもできる取り組み

ゴミが増えると、環境が汚くなってしまいます。 ですから企業で、ゴミが増えないような取り組みを行ってください。 少し工夫するだけで、これまでよりもゴミの量を減らせます。 数人だけが実践するのではなく、社員全員で取り組むことで大きな効果を発揮できます。

リサイクルを心がける

使ったものでも、工夫すると何度も使用できます。 それをリユースと呼んでいるので、企業で行ってください。 まだ使えるものを、ゴミにするのはもったいないです。 本当に使えない状態になってから、適切な方法で処分しましょう。 家具や家電を買うなら、中古品を選ぶのもおすすめです。

資源を何回も使えるように

世の中には、様々な資源があります。 それを無駄遣いしないことも、企業でできる取り組みになります。 資源を何度も再利用できるように、ゴミの分別をしっかり行ってください。 詳しく調べると、これまで行っていた分別方法が間違っていることに気づくかもしれません。

極力ゴミにしないように意識

リデュースは、ゴミを減らす取り組みのことを言います。
企業でリデュースに取り組む場合は、製造している商品のパッケージを簡素化するのが良い方法です。
それだけでも、ゴミの削減に効果を発揮できるでしょう。
また企業で、紙コップや割り箸を使うことも控えてください。
社員がそれぞれマイボトルやマイ箸を持ち歩くことで、紙コップや割り箸を使わなくても良くなります。

リユースは、再利用するという意味になります。
使い終わったからとすぐに捨てるのではなく、何回も繰り返して使ってください。
身の回りを確認すると、何度も再利用できるものがたくさん見つかるかもしれません。
例えばコピー用紙は1回使っても、裏面が綺麗だったらもう1回使用できます。
細かく切って、メモ用紙として使っても良いですね。
またデスクやパソコンなど企業で使う家具や家電は、中古品を選択しても良いでしょう。
すると費用の削減にもなるので、メリットが多いです。

リサイクルは、再生利用することを指しています。
リユースと少し似ていますが、リサイクルは使い終わったものを回収して、再び資源の状態まで戻します。
それから、新しい製品を作るという意味だと覚えておきましょう。
正しくリサイクルできるように、資源を処分する方法を社員全員が把握してください。
紙製品は燃えるゴミではなく、資源ゴミの日にまとめて出しましょう。
パソコンやエアコンなどの家電を処分する際は、業者や行政に回収を任せてください。